#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

車なしのキャンプ初心者ソロキャンプ購入品(スノーピークなどちょっとオシャレ編)

最近アウトドア趣味のソロキャンプを始めようかと思っております

自然に浸ってゆったりしたい、、、

学生時代にスノーピークが好きで、スノーピークの売っているアパレルショップで働いていたのもあり、スノーピークで揃えられるところは揃えてみました

スノーピークはパソコン界のアップルならぬ、アウトドア界のアップルと言われているくらいシンプルでオシャレなブランドです

そして高い、、、笑

学生時代は買えませんでしたが、今は買えてしまうという、、、恐ろしいい

因みにメイドインジャパンの日本が世界に誇るブランドです

なので今回は結構な額になりました

ただ、スノーピークはいい物が多いのでメルカリなどでも結構高く売れます

ミニマリストとしては安物を買って売れない物が残るより、高い物を買って売れるレベルのそこそこな値段がつく商品を選びました。

安い物で揃えたら、5万くらいで収まるんじゃないかと思います

ただ、安いキャンプ用品は本物をパクった中国製品などもかなり多いので注意してください。

では購入した物を並べていきます

特にアフィリエイトなどは貼りませんので検索して探してみてください

また購入する時によって値段も上下する場合があります

”お洒落な”ソロキャンプを趣味にする準備予算 

今回はソロキャンプで計算します

ファミリーや2人だとテントや鍋など使いまわせる物もあるので、必ずしも倍ではありません

そして自分は車の免許を持っていないので今回は車がない人でもリュックにつめていけるようにソロキャンプ/車なし人間が選んだ

  • 軽量である
  • 収納、手入れが楽である
  • オシャレである

という基準で選んでいます

スノーピークのソロテントはわずか3kgなど高いが軽量だったりして、その部分もとても良いところです。

高い値段だからこそ、持ちが良かったり、軽量だったり使い勝手が良かったり性能はいいと思います。

あとお洒落です

グッチみたいなハイブランドには興味ないんですが、機能的でお洒落だよと言われると機能的だと言うことを笠に着て財布の紐が緩んでしまうと言う、、、

チョロい脳味噌です

全体予算

泊まり込みで全体の予算は以下です。

予算:100,000円

結果:204,746円(半分はテント)

(移動費+キャンプ場での支払いは除く)

その通りです、安倍さんの給付金ですね

ですが、大幅に予算オーバーしました、、、笑

ですが、まず気軽にするならデイキャンプだと思います。なので一気に揃えるのではなく、デイキャンプを基準に足していくスタイルにしたほうが始めやすいと思います。

標準装備 2~6,0000円

標準装備がバックパックと、手袋、そしてモーラナイフ、アウトドアの靴でだいたい3~5万円以内くらいに収めたい

・バックパック snowpeakヴォレ30 (30L)29,000円~

・アウトドア靴 ダナーフィールドロー 29,000円~

・耐熱手袋(軍手でも可)1,000円前後 高くて8,000円くらい

・モーラナイフ 2000~3000円

バックパック、アウトドアの靴を持っているならそれを使いましょう。

バックパックを漁っていてかっこいいなと思ったのは、ネパールのアウトドアブランド、”The 3rd Eye Chakra”のThe Back Pack#002というバックパック

ただ、50Lからだったのとsnowpeakの方が軽かったのでやめました、、、残念!

焚火+ペットボトル+カップラーメンを食べるデイキャンプ 30,879円

・ヘリノックスタクティカルチェア 14,080円(3000円程度の安いものはあります)

・焚き火台 5000円前後 高いので15,000円とか

・ライター 100円

・ギガパワーストーブ(ポータブルガスコンロ) 6,200円

・チタントレック(お湯を沸かす簡易鍋+フライパン)4,950円

・ダルトン オーブンミット ダークグレー 549円

・リュック 既に持っているもの

+コーヒーを飲むなら 10,287円

・チタンマグ snowpeak 450ml  2,508円

・フォールディングコーヒー ドリッパー snowpeak 3,300円

・HARIO 手びきコーヒーミル&軽量スプーン/キャニスターセット 3,282円

・ダルトン グラットンポット ホルダー 797円

・コーヒー豆 1000円前後

・紙フィルター 300円前後

+料理するなら 15,580円

・テーブルオゼン ライト snowpeak 5,335円

・カッティングボード Arteinolivo まな板  3245円

・包丁セット 7000円くらい

+火を自分で起こすなら 1,000円

・火起こしスターターツール 1,000円

+泊まりでキャンプをするなら  87,000円くらい

・テント ミニッツドーム Pro.air 76,780円(テントは1万円台からあります)

・モザンビーク キャンプマット 4,580円

・寝袋 snow peak 5,478円

・ランタン的な灯り

 →安くするなら

  100円くらいの小さいろうそくを持っていく(夜外を出歩くならスマホの懐中電灯?)

 →最高に高い

  スノーピークほおずき ゆき 10,780

  スノーピーク(snow peak) ほおずき 充電池パック ES-071 ¥5,390 


まとめ

こう見ると費用は結構かかりますね

自然に行くのも資本主義です笑

初心者の人はまずは3万円以内で揃えてデイキャンプから、ならハマるかどうか見極められるのでいいと思います。

後は雨が降った場合の装備は必需品ですね

また釣りをしたい、みんなでバーベキューをしたい、友達を連れていきたいなどがあるとさらに値段がかかると思います。

あとは大きいリュックや、ダウン、アウトドアブーツも買うかもしれません

(また女性の場合は防犯グッズも持っていって欲しいです)

こんな偉そうに言ってますが、まだソロキャンプ行ったことがなくさっきAmazonでポチったばかりなので、これからこれが足りない、あれが足りないなどが出てくるんじゃないかと思います、、、

と言ってもその不足を楽しんだり、アレンジしていくのがアウトドアの醍醐味ですね。

あれが足りない!とかすぐ言う人はあまり向いていないと思います。

用途を工夫したりするのも好きです。

例えば、チタンの軽量鍋を上から下げて、その中にミニ懐中電灯をたらすと軽量なべに光が反射してすごく明るくなる、だったり、チタン鍋を買ったらその中に入るサイズのコップや食器を選んで綺麗に収納してみるなど一つの商品をいかに他の用途に応用できるかというのも面白いポイントだと思います。

リュックだけしか持っていかないソロキャンプなら尚更ですね

取捨選択が上手になると思います。

ではこの辺で

よいソロキャンライフを