#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

新型コロナは資本主義を変えその後健全な世界がやってくる

ミニマリズム

新型コロナによる超健全社会

新型コロナで気づいたことがいっぱいあります

そんなに着る服は必要ないこと

家で作る料理の楽しさだったり

家がスッキリしていることで仕事に集中できると言うことだったり

満員電車も必要ない業種がたくさんあって

人との距離が離れたくらいが自分はちょうど良い感じがします

平和な昼下がりのスーパーで

緊急事態宣言の影響により、、、

という重々しいアナウンスが流れて

なんだかエヴァンゲリオンの世界に来たのかと思わされる

いつ死ぬかわからないことで

会社からの自分の評価も

いい時も悪い時もこれはおそらく一生続かないだろうと

誰しも思うんじゃないかと思います

評価制度自体、数年後は使い物になっていないし

会社すら無くなる気さえして

このコロナという世界的脅威で

本当の意味で、楽観的に

今を楽しめて、生きれているような

とはいえ小説や映画の中の

タイムリミットが決まった終末世界のようにならないので

人間が暴動を起こすこともない

緩やかに社会の動きが停滞していく

コロナは地震や津波などの他の災害、戦争と違って

健康的な食生活や

生活習慣で自己防衛できるものというのが

面白いですよね

働きすぎない

タバコを吸わない

酒を飲みすぎない

よく遊びよく眠る

という”自分の免疫を下げない”ということが

国単位のスローガンになってくる気がします

もちろん三密も避けなくてはならないので

パチンコ、麻雀などのギャンブルしにいくのは

もっての他だし

(果たしてパチンカスってソシャゲじゃ満足できないのだろうか?)

居酒屋も非推奨

あ、でもサウナは行きたいですね

仕事しすぎも免疫が下がるので非推奨

外に出ないので変な広告も見ないし

購買意欲も煽られない

事故も少ない

満員電車のストレスも少ない

無駄な時間を過ごさなくてよくなる

台風や、雪の日も

ほとんどの業種は出社しなくてよくなる

化粧の必要も少ない

ブランド物を買う必要もそんなにない

国単位でも戦争してる場合じゃない

コロナ対策に必死

そんなにモノを買う必要がなくなるから

良いモノを長く着ると言う志向の人が増えて

大量生産、大量消費が少なくなれば空気は綺麗になる

エコシステム、自然が甦る

国の政治も国主導から

地域主導に変革されそうな雰囲気があります

そもそも地域の政治に違いがあったんだということに

人々は気づきだしている

まさに世界規模で

資本主義2.0ではなく

まったく別の

超健全な新世界がやってくるんだろうなと思います

自分の好きな生活スタイルに

デンマークの”ヒュッゲ(HYGGE)”

というチルな時間至上主義見たいな生活スタイルがある

それにミニマリズムやVR世界をミックスしたような世界が来そうな予感がします

仕事のありかたも変わると思います

楽しそう

荘子は「受け身こそ最強の主体性」と

それが本来人間がやるべき仕事だと言ってのけたように

コロナの時代はより

求められてせざるをえない状況なのでするという仕事が残り

必要無くなっても問題ない仕事は無くなっていくと思います