#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

“Gutenberg”という新エディターのメリット、デメリット

Wordpress 新エディター

新エディター”Gutenberg”に変更して良かった!

pがこれです。結論からいうと新エディター”Gutenberg”に変更してとても良かったです。巷では改悪とも言われていますが、、、

WordPress v5.00になって、これまでのエディターがデフォルトでは無くなりました。久しぶりに目に見えるアップデートがあったと思います。

今はWordPress 5.4.1なので正直変えるタイミングは遅すぎですが、というかこれまであえてクラシックエディターを使っていて、そこから色々試行錯誤して新エディター変えた理由をエディターのテストがてらつらつらと書いてみたいと思います。

大きな変更点としては、かなりシンプルでミニマルなデザインのエディターになりました。因みにエディターとは投稿画面のことです。ビジュアルエディターはシンプルなほうがテンション上がるのは確かですが、メリットとともにデメリットもあります。メリットとデメリットをそれぞれ書き残します。

クラシックエディターから”Gutenberg”への変更理由

最近見出しをh2,h3,リストなどシンプルなデザインを作りたくてAddQuickTagというプラグインでフリーで落ちてるCSSなどを使い色々試していましたが、ぶっちゃけ好きなシンプル見出し(h2,h3)デザインがありませんでした。フラットデザインでいくつかありましたが、カラーが強調されすぎていたり、基本的に情報過多な感じが好きではありませんでした。

何かいい見出しないかな〜と思っていたところ、あれ、エディター変えたらいいんじゃないかと思い立ち、せっかくなのでクラシックエディターからの卒業を試みることにしました。(クラシックエディターでもシンプルなh2,h3は再現できます

因みに引用はこんな感じ

引用元を入力

メリットとデメリット

一言でいうと、メリットはやはりシンプルになったことです。デメリットはタグ、画像挿入などに数ステップ必要になったことです。個人的に感じたメリットデメリットを書いていきます。※個人の感想でアップデートの情報ではありません

メリット

  • 心が落ち着くシンプルな投稿画面
  • 画像がFinderからドラッグ&ドロップで入れられる
  • 投稿画面の段階で画像が見えている
  • エディターに関してのプラグインが不要(SiteOrigin Widgets Bundle,AddQuickTagなど)
  • 段落が分けられる
    • こんな感じで一つ落ちるだけなのでわかりやすい
  • このようにリスト作りが簡単になった
  • 画像の大きさの変更が容易になった
  • 改ページができるようになった

SANGOというテーマなら独自のプラグインがあり、タイムライン機能などわかりやすい機能があるので更に便利になりました

画面のシンプルさが際立つとクリエィティブな思考が生まれて良いです。h2,h3は文字が大きく太いだけでいいと思っているのでデフォルトでこんなオシャレなのはありがたいです。

デメリット

  • h2など見出しを入れる動作が2動作多くなる
  • カーニングが狭いと感じる(スペーサーで行間は開けられる、おそらく追加CSSでカーニングも調整可能)
  • 投稿文字数をみるために1クリック必要に
    • 上の情報マークを押すと、コンテンツ構造が出てきて、そこから文字数が見れる(ただもっと便利になった気がする)
Wordpress 新エディター

まとめ

最初は変更で使いづら!と思って、やめてしまっていましたが、新エディターの方が文書構造を意識した文章を書けている気がします。シンプルでとても良いのでオススメです。UIデザインってすごく大事だと実感できました。大事なところは文字色の変更も可能です。以下のタイトルで使ってみます。

※もしプラスボタンが使えない場合は

最初トラブルで下のプラスボタンがグレー化されて何もできないという事態に陥りましたが、それは

Wordpress 新エディター

wordpressダッシュボード→ユーザー→ユーザー一覧→編集→ビジュアルエディター→ビジュアルリッチエディターを使用しないのチェックを外す

Wordpress 新エディター

で解決できます。

おわり

新エディター内でクラシックエディターを使うことも可能

新エディター内でクラシックエディターを使うことも出来ます。文字間などは変わらないので調整が必要です。

 

公式サイトはこちら

WordPress のエディター