#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

文字が1文字づつ回転するアニメーション作ってみた【Aftereffectsトレーニング】

参考チュートリアル

参考チュートリアルはカズノコさんで

くるくるテキストタイポグラフィ!別のテキストが回転しながら出現するタイポグラフィの作り方/Adobe After Effects CC

です!

文字は8文字くらいうつのが辛かったので4文字で

KIDS 1995という文字を入れてみました

KIDSとは映画のタイトルで封切りが1995年、ラリークラーク監督という好きな監督の作品です

レベル感

LvはポケモンでいうとLv.25くらいです

コンポジションを使い分けたり、ヌルオブジェクトの理解があれば簡単だと思います

レイやーを複数選択しながらアニメーション→キーフレーム補助→シーケンスで階段状のレイヤーにできることを

初めて知りました

あと定規の出し方も初めて知りました

文字をこう回転させるのってどうやるんだろと思って

チュートリアルを解こうと思ったんですが、文字を打ってエフェクトを適用させるのではなく、

1文字に対してコンポジションを作り、3Dレイヤーで動きをつけ、それらを新しいコンポジションで並べてちょっとづつずらすという作業をします

制作の大まかな流れ

1.縦サイズのコンポジションを作り文字を1文字入れます

2.ヌルオブジェクトを追加、3Dレイヤーにチェックを入れ、レフトビューにします

3.文字レイヤーを3つ複製し、フロントビューからみて正面と上下に配置、X軸を-90から-180へ動かし完成形のような回転をさせるようにします

4.1つの文字コンポジションが出来たら、入れたい文字分のコンポジションを複製しその後の文字も入れていきます

5.横長の正方形を作り、作った縦長の文字コンポジションを入れ並べます

6.全てのレイヤーを3秒で切り、全ての文字レイヤーを選択しながらアニメーション→キーフレーム補助→シーケンスで階段状のレイヤーにし完成!(回転を徐々に遅らせる)

完成動画

完成形はこちらです!