#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

ミニマリストの考え方が好きでミニマリストと化した人

最近ミニマリストにはまっています

大事なモノを無くし

掃除しても出てこないので掃除しまくっているだけなんですが

モチベーションをあげる為にミニマリストの動画を見て無事洗脳されました

ミニマリストって極力モノを持たないストイックな奴らというイメージがあるかと思いますが

最近ミニマリスト界隈をディグってて感じた考え方をいくつか書き残します

あと自分も出来る限り断捨離をしてて

服をゴミ袋4袋分くらい人にあげたり、本を150冊くらい人にあげたりしました

後ろ髪引かれる別れもありつつ、色々スッキリして感じたことを個人的に整理したいと思います

ミニマリストを哲学する

無闇にモノを減らすのではなく、モノを愛せる分だけ持つ

これは本当で、服をめちゃめちゃ持ってた頃は平日朝ドタバタ服を選んで

散乱したまま、家を飛び出し会社から帰ってきて上着を脱いで畳まず放り投げ、

下着は洗濯機にぶちこみ、、、という生活をしてて

土曜の朝一気に掃除をするということをしてたんですが、

これは結構時間の無駄だったなぁと思いました

服が今全て合わせて20着程度(下着抜き)に減ったんですが、会社から家に帰ってきても

まともな行動してる気がします

ちゃんと服を愛せてるし、極限まで絞ったことで自分のスタイル、必要なものがわかってきます

自分は靴を買いすぎていた、、、とか

ミニマリストは

無闇にモノを減らすのではなく、モノを愛せる分だけ持つ

そして好きなモノを徹底的に絞り込むのが大事

部屋のモノが減ったからかあまり疲れないようになった&集中出来るようになった

これは単に体調がいいだけなのかもしれないですが笑

最近部屋のモノが減って集中出来ている気がします

部屋にモノが少ないとすごい集中出来ます

そして時間の進みがめちゃめちゃ遅く感じます

これは自分でも怖いくらい実感しました

会社から帰ってきて勉強することは稀だったのに

結構勉強するようになったという

もしかしたら

アインシュタインの相対性理論なのかもしれない、、、

相対性理論って簡単にいうと

”熱いストーブの上に1分間手を乗せてみると

まるで1時間ぐらいに感じられるでしょう

ところが、可愛い女の子と一緒に1時間ぐらい座っていても

1分間くらいにしか感じません”

ってことなんですが

つまり、心が、精神世界に時間は連動すると言うことで

逆に言うと、自分の視界に入るものの量をコントロールすれば

時間の流れをコントロールできると言うことなのではないかと勝手に思っています

視界に入った物の量で時間の流れる速さ、疲れを感じるペースは変わるのかもしれない、、、という仮説

ミニマリストは光で楽しむ

ミニマリストのyoutubeを見ていると

部屋にモノがないので、モノ以外のもので楽しみを見つけている人が多く

その中でも光を使って自分の気分をコントロールしたりしている人が多かったです

これは面白い発見でした

ちなみにミニマリストyoutuberの名前は

だいたい”ミニマリスト〇〇”が多く

プロゴルファー猿的な音感をしています

ミニマリストがモノを買う時の基準は”一目惚れ”or”生活&仕事が便利”

ミニマリストは捨てまくっている印象ですが

買うときはどういう基準かというと”一目惚れ”or”生活&仕事が便利”

精神的に満たされるか、生活や仕事が効率化されるか

を考えてモノを買っているようです

モノとの別れ方を想像してモノを買うようになった

モノとの別れ方は

・捨てる

・人に譲る(売る)

・使い切る

の三つがあります

モノは死ぬまで持っているわけがないので

もしこれを買って使い続けたらどういう別れ方をするのか?という終わりを見据えてモノを買うようになりました

これは大事な価値観ですね

モノを1畳分持ち続けているのは、月額でその分の家賃が掛かっているということ

これはそういえば確かにと思うことでした

モノを買うときに、維持費を考えるようになりました

7畳で7万だとしたら使わないモノが1畳分あるっていうことは

毎月1万円維持費で掛かっているのでないかという

実家に住んでいた時は感じませんでしたが、確かに賃貸に住むとそういう考え方は理解できます

ミニマリスト=効率的とはまた違う概念である

ミニマリストは”効率的”とは違う概念で

効率的=資本主義社会であるべき姿

だと思っていて

そう考えると

ミニマリストはそうではない

効率を突き詰めるなら、大量にモノを持たなければならない場合もある

自分が感じたミニマリストの究極な目的というのは

今ここにいる自分”に意識を向けて、日々の所作を丁寧に行う

ことだと思っています

それは資本主義のより素晴らしい未来に向かって効率的に生きるということではなく、

禅のように内面を掘り下げること

今、自分が考えていること、自分の好きなものを突き詰め、丁寧な時間の使い方を覚えること

だと感じます

捨てるということ、手放すということを繰り返して

自分が一体何に固執しているのか見極め

頭をスッキリさせ

自分の内面を掘り下げることが出来るのがミニマリストの生き方なんじゃないかと思いました

禅に考え方が近い気がします

見栄を張らない

モノを持つって結局見栄だなと思ってしまい

本を持つのも結局自分の部屋にきてメチャめちゃ本があるぜとドヤりたいからかもしれないと思いました

kindleに変えなかったのも

本のテクスチャが好きで

書き込める、充電の心配がいらない

とかメリットを鑑みてのことだったというのはあるんですが

見栄を張らずに生きたい

という個人的な欲

アウトプットの場所を作ることが大事

でモノを持たない生活で

kindleとかで小説読んだりしても

本の感想覚えてられなかったりするので

何かしらアウトプットする場所があったらすごく快適だなぁと思います

こういう日記でもいいし

TwitterとかInstaでもいいと思います

モノから得た情報を精神世界に保管することで

物質的な満足を昇華させていく

あと卒業アルバムとか捨てられない人は

写真に撮ってから

捨てると罪悪感が減っていいそうです

一週間使わなかったら要らないもの/パーキングエリアを作って捨てていく

どう捨てていくかというところで

だいたい生活リズムって一週間の人が多いと思うので

生活リズムが一周したタイミングで使わなかったモノ、使ったモノを分類して捨てていくのがおすすめだそうです

確かに頷けます

一週間使わなかったからという理由で

捨てる決断をするのは結構勇気がいると思うので

パーキング(保留)ボックスなどを作って

そこに使わないだろうなぁと思うモノを入れてしまい

一ヶ月ほど置いて

あ〜結局使わなかったなぁと思ったら

捨てるという方法もあるそうです

自分はこの2つを基準に捨てたり人にあげています

一週間着なかったりする服は快適さなど

何かしらが足りていないと思うことが多くて

それは反転させれば自分が重きを置く価値観であって

何がこの服を2軍たらしめているのだろうと

考えることはすごい大事だなと思うようになりました

とはいえちょっと今欲しいもの

・おしゃれなハンガー

適当なハンガー使ってたんですが、細部のモノにこだわるということを気にかけるようになりハンガー欲しくなりました笑

・プロジェクター

壁に映画とか投影したい

・ミニマムな財布

ポケットもスッキリさせたい

あとやっぱりミニマリストと言ってもセンスは欲しいですよね笑

ミニマリストって言いながら柄物、彩度高めな原色系の服とか持っている人だと

ちょっと残念なセンスを感じてしまいます

センスのあるミニマリストライフを送りたい

おわり