#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

ソフトバンクの投資失敗はなぜか

ソフトバンクの投資はなぜ失敗しているか

週末ですね

恐ろしく風邪ひきまくっていて辛い

最近ソフトバンクの赤字のニュース多いですよね

WeworkのCEO、アダム・ニューマンがウルフオブウォールストリートの社長並みに

暴れていたらしくて笑っちゃいました

ソフトバンクの投資先は最近有名なWeWork、ZOZOについで

pepper、ウーバー、スプリント、ヤフー、アリババなど

孫正義は投資がうまい経営者として有名ですがこの中で成功と言えるのはアリババくらいで他の内実は失敗か縮小になってしまっています

ペッパー君の噂は聞こえてこないし

ヤフーは今でも健在だがアプリ化に乗り遅れ、グーグルに検索企業の座を明け渡し、メルカリに先を越されている

本来もっといける企業だったはず

孫さんはこれからAI群に投資すると言ったのにWeworkに投資していたり言っていることもブレている気もします

ソフトバンクのファンドがもう一回Weworkの様な事例を起こしたらもうソフトバンクは終わりだとも言われてて結構瀬戸際っぽい感じです

投資家はこういう時が一番投資時なのかもしれないですが、、、

投資の判断基準は経営者かプロダクトか

投資の判断基準は誰が会社を率いているかということが言沙汰されていますが

とある記事を読んで

実はプロダクトがユーザーファーストなのかどうかに尽きるんじゃないかと考えさせられました

ソフトバンクの投資がなぜ失敗したのかという答えが書いてあるようなブログ

タイトルは

『ソフトバンクが投資するサービスだけで24時間過ごしてみた、孫氏のビジョンの問題点を見つけた』

https://www.businessinsider.jp/post-195063

引用:Business insider

[原文:I spent 24 hours living on SoftBank services like Uber, WeWork, and Oyo. It revealed some flaws in Masayoshi Son’s grand $100 billion investment vision.]

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

面白かったのでぜひ読んでみてください

確かにそうだなと思うことばかり

毎朝UBERで見知らぬ誰かに運んでもらったパンケーキを食べる生活って、果たして本当に幸せなのかどうか考えさせられました

効率重視で遠回しに死ぬほど働くのが幸せだろうと言われている様な気さえして

プロダクトに愛が無い

でも結局CEOに愛があればプロダクトも愛がある気がする

ソフトバンクは実力はあっても金に走り過ぎたのかもしれない

でもせっかくなら人間らしいサービスを作りたいものだと思える記事でした

でも昨日ここに書いた42Tokyoは愛がありすぎかも