#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

【Blender2.8】ドーナツを作る Level2-Part4 プロシージャルディスプレイスメントなど

blender2.8 ドーナツ


参考チュートリアル

今回もBlender Guruさんの

Part 4, Level 2: Procedural Displacement – Blender Beginner Tutorial

です!

ブレンダービギナーチュートリアルシリーズのLevel2-Part5です

今回はドーナツ本体をデコボコにしていきます

今回も学んだことを書き残していきます


ドーナツを少しデコボコにする方法

ドーナツをデコボコにしていきます

ドーナツの本体のノードに移動し、ノイズテクスチャを出した後それを選択した状態でCtrl + shift + 左クリックをおすとviewerが出現

でない人はプリファレンスでアドオンのnode Wranglerにチェックをいれておきます

するとドーナツ本体のテクスチャがノイズテクスチャが反映された状態になりました

またCtrl + shift + 左クリックで繋いだノードの箇所を切り替えることが出来ます

さらにテクスチャ座標を追加し、オブジェクトをノイズテクスチャのベクトルに繋ぎます

 入力→テクスチャ座標

ノイズテクスチャの拡大縮小は300くらいまで大きくしておくと

このくらいのまだら模様になります

このまだら模様に剃って表面をデコボコにしていきます

ディスプレイスメントなど他にも色々設定して最終的なノードはこちらです

これでドーナツのデコボコテクスチャができました


振り返りと完成物

ドーナツの表面がデコボコになりました!

少し作り物感がでてしまいましたがなぜでしょうか、、、

次回はドーナツ最後のチュートリアルです