siren

Posted on

遊びにきた友達と話してて

それぞれの試練は確実にあるけど

人間が”飽き”さえしなければ試練なんてこないんだろうなと話してた

ボンボンって意味じゃない

何かが不足していても、それが許容出来ていれば挑まなくていいストア派みたいな論理だけど

会社に時間を切り売りさえすれば、生活が保障されるサラリーマンみたく生きられるかも

すごく身近にある話だと思う

自分がどこに居たって、

どこに至っても

何かを求める限り

試練はある

物質的なことだけじゃなくて

無くなったものを取り戻すことも

求めることだ

願うのは間違いじゃない

高杉晋作が詠んだ辞世の句みたく

自分の心次第

この間、とある人に

最近、アニメとか映画とか観なくなりました

絵も描かなくなって

社会人になって

やっぱり人を変えるって表現はおこがましいですけど人が変わるために必要なのは”構造”だと最近思うようになったんです

誰だってなにかの作品に触れて、感化されて行動したってどうしょうもない壁がある

と言った

そしたら

”構造”が必要っていうのは賛成だよ、それは必要だ

でも、君は映画とか”物語”の力を信じなくなったわけではないんだよね?

って訊かれて、

少し考えて

今も信じてます

って答えた

構造を乗り越えて生きてきた意味があるなら

信じきるべきだと思った

根拠は無くていい

それが綺麗だったからで充分のはず

そうしてまた未来の自分に試練を渡していく

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です