絵の仕上げの時の心得

Posted on

コンセプトアート、背景を描いている時

絵がうるさくなるって表現はすこしちがうんですが
絵にインパクトがない、
その原因としていろいろなところが目立ちすぎているからっていう場合がありますよね

足すのではなく引き算がしたいとき
そんなときは意識的にいくつかチェックするとだいぶかわります。
というかいいということを最近発見しました

のでメモります

一つ目は
遠くにある物体ほど彩度が低くなっているか?

二つ目は
遠くにある物体ほど透明度が下がっているか?

三つ目は
空間に流れ、目の第一の注目ポイントから最後の逃げ場を意識しているか?

あともいっこインパクトをつける為に大事なのは対象物がどのくらいの大きさかわかる絵になっているか?

身近に感じられるものを風景に入れることで大きさがどれくらいというのがバッチリ伝わるし置き方によってインパクトが出ます。

具体例は眠いのでいいや

歴史家が遺跡発掘の際、ぜったい発掘したものを自分の靴とか手袋とかと一緒に写真に収めるのと似てるイメージです

ばいばい

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です