社会人一週間目の様子と一年の目標

Posted on

モラトリアム期間が無事に過ぎさり一週間が終了しました

社会人一週間目あまりに疲れ果てプラトンの洞窟の比喩を思い出しました

今日は外部研修ですごい刺激的な面白い経験したので良かったです

でも正直なんだかんだつらい

この辛さをポジティブに変えるにはなにか夢が無くてはと思い今年一年の目標を決めました


一年で社長に企画をプレゼンをしクリエイターの為になる事業を作る

クリエイターのためのサービスを創る

今年は年間百冊本を読みこの日記に記す

なぜ本なのかというと一番漠然と流れない情報源だから

自分なりの解釈が出来るインプットの量が上がれば目線が上がって色んな角度から物事がみれるようになるはず

(誰かいたらおすすめ本貸してください)

あとはゲーム、映像業界の人脈を創ろうと思いまたイベントやらでまくろうかなぁと思っています

そして自分でも一本作品を作る

まずは自分も作ることで得るものがあるから

評論家より当事者で居たい

企画を通せずともプレゼンして提案はいずれする

つか最近社会人の友達の平日夜は遊びたくないっていうのが今になってすごいわかる

直帰して寝たい

即寝たい

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です