睡眠がめちゃめちゃ快適になるらしいTEMPUR 『Zero-G』curve

Posted on

テンピュールZERO G curveってえらいかっちょいいテクノロジーベッドがあって

形がすごい

動かざること山のごとし

zero Gは無重力って意味で

簡単に言えば宇宙か子宮にいる状態に戻れるベッドらしい

いいなぁ

子宮に戻りたい

子宮に戻って肉体を切り離して宇宙に飛び立ちたい

スピリチュアル

今年は環境もガラッと変わることが決まっていて、内容もめちゃめちゃタフな一年になると思うので

というかなるので睡眠の効率化をしたいなぁと思ってマットレスとか睡眠環境をどんどん改善しようと思っています

睡眠って人生に置いて3分の1を締めるからおろそかにしたくない

というか10時間くらい寝たらもう人生の2分の1に近い

30万で10年持てば一年3万

マットレスが20万で10年もてば年2万

人生の三分の一が一年5万で効率化される&健康に近づくなら悪くない

安すぎる

マットレスは結構調べてて

日本ベッドっていうマットレスがいいらしい

日本ベットはあまり有名なメーカーと言えないけど

それはなんでかというと有名人を起用したり広告を打たないから

広告を打つならその分の予算をマットレス作りに捧げているというすごいメーカー

ファッションでも本当のハイブランドは広告打たないし

スポーツカーのフェラーリは

「フェラーリ・ネバー・アドバタイズ」

って言葉で有名ですね

創業以来、広告宣伝費は一円も使っていないそうです

本当にいいプロダクトは宣伝しなくても向こうから買いに来るという哲学は嫌いじゃない

というか広告の重みがなくなっていってこれからどんどんそうなっていくと思う

マットレス業界にもそんな日本ブランドがあったとは

マットレスは色々迷っているのでかなり吟味してから決めたいです

マットレスが睡眠で一番大事

特にロングスリーパーは気を使う

睡眠は短くてもいい人と長くちゃだめな人二種類いて自分はロングスリーパーだと思う

過去に2年間ぐらい毎日睡眠が昼夜逆転の4時間だったことがあって

結局生き残ったんだけどやっぱり自分は遺伝的にロングスリーパーだなと悟った

あと受験生の時期も毎日8〜10時間くらい寝てた

ロングスリーパーはロングスリーパーなりに睡眠を工夫していい感じにしたい

人生は短いぞう

当時異例の長寿だった葛飾北斎でさえ、死を目の前にして

"あと5年あれば本物になれた"

と言い残して死んだように時間は有限で終わりがある

最高濃度に凝縮して最高速度で生きベストなものを残して死にたい欲求

それが幸せとは限らないけど

幸せって不思議だよなぁ

確実に未来には”死別””老衰”というマイナスが待っているのに、幸せを感じることが出来るのが人間

素晴らしい

突然話変わるけどアニメとかマンガでよくある

”ふぇぇ〜”

”はう〜”

って聴いたことないよね

死ぬまでに一度は聴いてみたい

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です