映画『美しき緑の星(La Belle Verte)』(1996年フランス)

Posted on

を見ました

大晦日に何を見てんだという

1996は自分の生まれ年なのでちょっと気になって

ちなみに日本に映画が最初に輸入されたのがフランス映画です

なんとか兄弟って人

この映画はざっくり説明すると

資本主義を真っ向からディスる映画

精神的に大人な星からとある宇宙人が地球に派遣されて色々カルチャーショックを受ける話

例えば、貨幣経済をディスって

なぜお金がないと人々は生きられないのか?

食べ物を食べるというのは人にとって必要不可欠なことなのに

なぜお金を支払わなければならないのか?

食べ物でいうと

なぜ動物を殺して肉を食べるのか?

あとは

車はなぜ必要なのか?

多くの死者を出すし、排気ガスで自然も汚染してしまう

あとは化粧品

人は外見を装飾しないと愛しあえないのか?

など

すごい価値観が変わる人もいるかもと思った

でも大枠をざっとなぞっている感じで現実に落とし込まれているというリアリティはない

風刺ギャグ漫画みたいなシーンがひたすら続く感じ

フランス映画だけあってどストレートなアメリカンジョークみたいな笑いではなくて

作り込まれた笑いって感じがする

面白かったなと思ったのが

精神的に大人な世界の星は争いがない

お金もない

必要なぶんだけ生産し、必要なぶんだけ食べるということができている

それは狩猟採集ではなく農耕文化のようなことをして食料生産をしている

実は歴史上”争い”が生まれたのは狩猟採集文化ではなく、農耕文化の時代に

作物を生産するための耕す”土地”そして”蓄財”という概念が生まれたからだと考えられている

(縄文時代は戦争の痕跡はない)

だがこの精神的に大人な星にも農耕文化がありある程度の蓄財をしていて食料生産をしている

つまりこの精神的に大人な世界の星にも争いの種はあるということ

しかし教育と、子供を産む数を合議制で制限していくというこをして人口爆発を防いでいる

もともと不足を抱えた人がいないし、性善説に基づいて成り立つから

今の世界では結構きついだろうなと思う

あとヒッピーみたいな暮らしをしていながら大麻の描写がなくて

それも面白かった

大麻って実は文明の発展に寄与するもので

インダス文明、メソポタミア文明など世界4大文明は

すべて大麻の生産地であると知られている

世界四大文明を四大って言っているのは日本だけだけど

そして呪術師、占い師が神と交信する手段として位置付けられていた

この精神的な大人な世界の星は意識が低いものと意識が高いものがもともといる星が

合って意識の高い奴らだけ移住して理想郷を作ったというような成り立ちの星だと思う

なぜかというと個々人に役割すらもない

呪術師はいない

霊と肉体が別々であるという霊肉二元論のグノーシス主義ではない

どちらかというと

肉体やこの世界にあるもの全てが常に状態であり実態ではないと定義する仏教に近い

時間の定義もなければ役割も持たないから

ありのまま生きるという感じ

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です