塩の街 有川浩

Posted on

塩の街という小説を読みました

世界観が塩害に侵された世界という設定で

かなりアナーキーな状態になっています

そこで自衛隊が出てきて死や、愛情、組織などいろいろな切り口から広げていく話です

有川浩の小説は自衛隊ネタが多いけど

夫や本人が自衛隊経験者なのだろうか

図書館戦争もそうだし

組織や武器にやけに詳しい

有川浩の小説はなんといってもラブコメチックなところが魅力で

絵にかいたようなラブコメシーンが大好きです

自販機でカフェオレ間違えちゃったからって言って

手渡すことで始まる出会いとか

べたやなぁとおもいつつ読み進めたい気持ち

ストーリーは世界観がすごくて情景が思い浮かびました

憧憬かもしれない

書きたくなったな

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です