哲学者ジェームズアレンの本を読んだ

Posted on

イギリスの哲学者のジェームズアレンの著書である”原因と結果の法則”を読みました。

1902年に書かれた100年以上世界でいろいろな言語に翻訳され売れ続けるロングセラー書です。

他人にもらいました

自己啓発系の部類に入る本

こういうのって役立ったことない気がする

というか読んだところで覚えて無いことが多い

ウンチをしながら漫画を読んでいたほうがまし

自己啓発本は覚えている限り初めての読書ですが、濫読派なので食わず嫌いはしないで読みました

自己啓発系の本の悪いところはメッセージだけたいそうなこと言ってて

言ってる人物にあんまり説得力がないこと

(説得力がないともう記憶に残らない)

でもせっかくなので

忘れる前に書きのこそうとおもいます。

印象に残ったところ

17ページ7行目

まず自分の内側で機能している「原因と結果の法則」をはっきりと認識しなければなりません。そしてその認識はみずからの

試みと経験と分析によってのみもたらされます。

という部分

この本は宇宙の秩序などだいぶ大きい観念的な話をしていますが現世は罪を許されるためにあるといったような証明不能の

(キリスト教的)思想ではなく、すべて自らの実践において理解が可能な法則であるというところが気に入りました。

宗教嫌いだし決断を誰か人任せにするのも嫌いなので

62ページ 

じつを言うと、搾取する人たちと搾取される人たちは互いに協力し合っている人たちなのです。

これは、自分もいつかアルバイトをしていてなんとなく考えたことです。

アルバイターのミスを怒鳴り散らす社員がいて

なんでそんなに目の色変えて怒るのか、穏やかに注意したほうがミスが減るし効率良くなるのにと思った時

アルバイターもほかの会社に転職する自信が無いから上司の元を離れず、職場に残って甘んじて怒られる。

社員側も部下を怒鳴らないと言うことを聞いてくれない、もしくは他の場所で受けたストレスをここで吐き出さざるを得ない

という劣等感を抱いていて、お互いが劣等感の依存関係にあるのではないかと感じていました。

この文章で他人は自分を映す鏡であるという言葉が初めて腑に落ちました。

(このバイトは速攻で辞めました
怒られてた人にもさっさと辞めたほうがいいですよと言ったけどやめたかな)

まとめ

穏やかに生きること

自分自身を振り返ると、僕は受験や就活などどうしても競争に乗っからざるを得ず他人と比べて自分を測る日々

で、優劣や評価に振り回されて疲弊していたと思いました。

それだとちょっと疲れるね

自分の心理状態でしか他人は見られないから、自分は余裕を持っていたいなぁと思いました

でも、まとめると結構まともなこと言ってるけど特に目新しいことは言ってないなという感じ

真面目だけど、当たり前のことを真面目に書いてある

ページ数も100ページないので数十分で読み終わるので読んでみては?

評価 ★★★☆☆

p.s.

自己啓発書ではないかもしれないけど

人生とは系列なら

「また必ず会おうと誰もが言った」

っていう本がおすすめです!

おわり

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です