ラッパーのfebbの追悼

Posted on

ラッパーのfebbが死んで数日

フラッシュバックスというチームに属していたあたりに知った

kid fresinoもc.o.s.aも好きだけどfebbのメッセージ性は深くて、

彼だから言えることがあって

言わなくても顔に出てて

それを最後のSEEDAのインタビューで再確認しました

kid fresinoはひたすらリアルだけどfebbはひたすら深い

死んでまた彼の言葉が深くなっていく

もしこの世が地獄だとしたら幸せなのかもと思う

地獄から一番早く上がったなら

2月15日に上がった曲のバース

CUM HOME WIT ME / febb as Young Mason FT.YOUNG JUJU PROD.JAZA DOCUMENT

”前を見るまっすぐ歩く

媚びを売る奴らをじっと見る

学ぶ

まずは自分、周り見る

人のことはそれから考える”

というリリック

単純なことを思い出せた

生きる音を出す才能のない自分はfebbが死ぬほど羨ましい

でもまずは自分

自分なりに何かを創っていきたいです。

febbの曲は

理由は無いけど

ゴールデンタイムのTVに映る恋愛の歌が

どうしても嘘っぽい

しっくりこない

そんな人に聴いてほしい

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です