ブログはズボラ&アジャイルでいいのだ

Posted on

このブログ日記が一周年!を迎えたので

もう一度初心に戻ってこのブログのスタンスを考えてみようと思った

めでたい!ケーキ買ってこよう

そもそもこのブログの目的は

・備忘録

・振り返り、アウトプットで考えを整理

・グーグルアナリティクスの勉強

という目的でお金目当てではない

あとTOPページに絵が貼ってあるけど最近描いてないし

イラストレーターの仕事が欲しい訳でもない

たまにツイッターで絵の依頼がくるけどおそらくクオリティが保てない自信があるのでお断りしている

もしブログがお金目当てだったらすごいSEO意識した記事を書くし、

TOPページをブログページでこのサイトを作るし、読みやすい記事を書くし、受けるネタを書く

広告いっぱい貼りまくるし、グーグルアナリティクスで分析しまくって数値が出ない記事は削除する

(広告は経験として貼っておきたいと思うけど!)

でもやっぱりそれをしたくないのは金儲けをしたくないからではなくて

純粋にストレスだしめんどくさいから

ズボラ旅ならぬズボラ日記である

GAも仕事で使ってるからだいたい操れるけどめんどいし使わない

自分の書き方なら当たり前に書けるんだけど、SEO意識とかそういうのがあるとストレスでだめ

疲れる

日記なんだから30文字でも投稿していいと思う

疲れたらそういう日もあるよ

ってか受けるネタを書くようになって何億人とリーチすることができても

結局それがさ電車降りたら忘れるような記事だったら意味がない

そんな記事を何千ページと書いて数万円のfeeを貰っても全然嬉しくない

生き方を変えるようなものを残したいし

日記全体が自分が死んだ時に残せるようなものにしていたい

youtube副社長ロバートキンセンの言葉を借りれば

「レディーガガやPSYのように何億もの再生回数を目指す必要がない。

この時代に必要なのは100万回の再生回数よりも1000人の熱狂的なファンだからである」

といえるかもしれない

あとはブログ結構気合い入れまくっている

川越総本部毘沙門天の玉井さんみたいな人いるけど

ブログなんて適当に作ればいいんだよ

最初はnoteとかはてなブログでもいいし

(最近はG.o.a.t.って日記サイトがおすすめ

おしゃれだしUXが最高)

やりたいと思ったらできるなんて素晴らしいことだよ

思い立ったが吉日だっけ

とある有名人、クラウス・シュワブ氏が突如放った言葉

「In the new world, it is not the big fish which eats the small fish, it’s the fast fish which eats the slow fish.

(新しい世界では、大きな魚が小さな魚を食べるのではなく、速い魚が遅い魚を食べるのです)」

は?魚?って感じだけど

これもまた共感できる

遅いより速く、コンパクトから大きくというのが何でもどの業界にも共通する入門覚書みたいなものだ

大きくユーザーが増えれば

教育学でいうローゼンタール効果や心理学でいうピグマリオン効果もあるかもしれないけど

何万人に期待されているものを書くより

自分が好きなものを書いて狭い範囲に受け入れられた方がいいな

一番はあんまり金儲けとか、PV何万とか目的を持たないことだ

精神が燻るし霞む

数字は麻薬

目的を持たないで歩くこと

自分は哲学者カントの

”美とは目的なき合目的性である”

って言葉が大好きで、

目的のない、ただ在るがままの美しさをここに残していきたい

備忘録ならぬいわば人生録

こんな人の言葉ばっかり借りて全然説得力ないけど

最後に玉井さん載せときます

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です