スポッチャに行きました

Posted on

三年ぶり二度目

会社が好きなように二日使いなって言ってくれました

新卒のガバガバな頭で議論した結果

サバゲー

スポッチャとVRという結論に

スポッチャ=スポーツの勝利を目指し高速PDCA(笑)を回すトレーニング

VR=最先端の技術を体感し、企画に生かす(乗るしかない、このビッグウェーブに)

など適当な建前を付けていきました

会社の稟議に通るかいまだ謎です

帰るとき同期(もはやアドラー心理学エバンジェリスト)と

人はどうしたら変わるのだろうと話していました

人を変えることすら傲慢だとは思う

ただコミュニティを出入り自由にすればいいだけだと思う部分はある

時間だけが人を変えるのかもしれない

ただ、共存ではなく共生出来る道はないのかなと考えてしまう

ヒトは時間の中でどう変わっていくのだろうという話

ただ人が変わるにも大小あって

ただ、何かものを買おうとしたという行為すら

人は変わったと言えるかもしれない

同期は人が変わるのは”自らの勇気”だと答えましたが

僕はどっかの本の受け売りで

”情報”が人を変えるんだといいました

宇宙に行けと言われて勇気があったらいけるのか

100パーセント酸素が確保できる状態と100パーセント生命が確保できる状態があるという”情報”を知れば勇気なんか出さなくても人は簡単に一歩踏み出すはずなんだ

それこそ散歩気分で

ただ、人には情報は常に入っているのも事実

情報にも階層があると思っていて

行為レベルが変わる情報と

価値観レベルで変わる情報がある

価値観レベルの情報っていうのは人に入っていかなければならないから

まず相手の価値観を理解する必要があるんじゃないかと思う

価値観ってすごい便利な言葉だけど自分の定義では

過去に下した決断の集合体のようなイメージ

あの人と別れるとか

あの会社に行こうとか

あの大学を受験しようとか

そんなことを知っていくことから始めようと思います

ただ、好きな人を好きになった瞬間ってわからなくて

どこを決断したのか自分でも曖昧

自分をメタ認知してこれがうまく言語化できれば

自分はもうちょい成長出来るのではと感じます

(メタ認知とは自分を神視点から見る、自分を俯瞰すること)

最初好きになった人は成績が良くて、可愛かった人

成績が良かったけど頭はいいかと言われると違った気がする

すごく努力家ということだけわかって

なんで努力してるのか知りたくなった

自分の価値観なんて一つも分からなかったけど

スポッチャのこと書いてないや

楽しかったです

外人が乱入してきて一緒にバスケしました

P.S

ユニコーンガンダムを見ました

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です