あるデザイナーのスケボーと中国語とアニメーション雑記

サイト改造中です

サイト改造中です

ってかサイト作るなら前からちゃんとやっとけよということをしました

ハウルの動く城みたいなO型感が滲み出たごちゃごちゃサイトからイけてるサイトに変身する

今週末には終わらせたいです

変更箇所

・httpsのSSL化
・カテゴリの整理
・レスポンシブデザインでの使いやすさ、みやすさ
・サイトの構造
・プラグインの整理
・ページ表示高速化
・マテリアルデザイン

マテリアルデザインかっこいいですよね

グーグルの提唱してるデザインガイドラインです

特徴としては

・現実にあるような物質を使ってサイトを構成する

・どんな媒体でも同じ使いやすさを提供する

があります

紙、カードなど実際の物質で組み上がったサイトなので

カードがボタンの上をすり抜けるなど現実にありえないことがこのマテリアルデザインでも

あり得ないようになっていてユーザーが直感的に使えるのがメリットです

唯一マテリアルデザインで好きじゃ無いのがシャドウです

黒のシャドウってたまに汚さが目立ってしまう気がします

デザインに関してはマテリアルデザインよりアップルのデザインガイドラインのHuman Interface Guidelineの方が好き

あとどこを変更したかというと

これまではPCで見るのメインでしたが、これからはスマホでも見やすくというところを大切に

PCで見てるユーザー2割くらいしかいないので、、、

残りは
・フォントの変更
・ユーザープロフィールのロゴ変更
・オススメ記事の作成
・記事コメント機能削除
・汎用アイキャッチ画像作成
・記事整理

くらいかなぁ

だいたい形になってきた気がします

日記を続ける意味

自分の行動とか思考を保存できるので

色々忘れないで生きてる感じがする

第二の脳みそみたい(なんなら黒歴史とも言えますが)

勉強は人に教えると理解が深まるというのと同じで

文字に起こすとちゃんと残るし積み上がってるという感覚が得られる

感覚で生きているので思考を言語化して整理するのは意味があるんじゃ無いかと思います

再現性って大事

いうてそんな意識高くいられないので変なことばかり書いている

オ◯ニーのような文章を全世界に発信してしまっているのが辛い

こういう日記とかブログってオワコンか

最近5G時代が到来と言われてて爆発的に通信可能量が増え、

動画コンテンツが主流になる、よってブログやら文字メディアはオワコンという風潮もありますが

そうでも無いと思っています

動画で情報を得るか、記事で情報を得るかの違いは

人それぞれ、シュチュエーションによると思います

読む速さで言えば動画を見るより記事の方が得れる情報量は圧倒的に早いし、時系列でビジュアライズするのであれば動画のほうがわかりやすい

また、作るスピードは記事の方が早い

災害が起きたなど最新のニュースが記事で得るほうが発信者側も早いですし、できる限り多くの情報を集めて比べたい場合は読む側も読むスピードは動画に比べて早いです

ですが、災害が過ぎ去ったあと、どの程度の被害があったか知りたいという場合は

動画で見た方が臨場感溢れる状況が伝わると思います

動画でもイヤホンがない時は字幕ないから動画見れない!!ってなったりすると思うし

時と場合によるってやつですね

この日記は誰かにとって有益な情報、メリットがあんまり無いので関係ないかもしれませんが

調べたり考えたりするのが大好きなので

長い自分の歴史だと思って

インターネットの底の方でこれからも色々思ったことを書き残して行こう思います