やきう

Posted on

チケットが三枚廻ってきたらしく女の子とその友達と自分で野球に連れていかれました

友達の会社が野球チームのスポンサーかなにからしい

最近そういうのおおいな

チケットをよくもらう

大人とか東京ってすげーって思う

試合中

女の子たちがトイレで席を立った時、LINEをちょっとみたら

男友達から

なかなかなLINEきてて笑った

友達の友達に紹介する女の子って笑

くそわろた

合コン幹事は面白そうだけど

中学で一番仲よくてかなり地頭が良くて面白かった友達

中学の友達繋がりある2人の中の一人

でも知らない男に紹介できる程どうでもいい女友達は居ないので断りました

硬派で生きていくんだ

写真見せてもらったらなかなかイケメンの男だった

ちゃらかったけど

野球は4時間に及ぶ熱戦だったんですけど全然興味なくて

ねむりにおちそうでした

でも楽しかったです

自分は見るのではなくやる方

人を応援するのが根本的に違う

ぶっちゃけすごい野球選手と言われたって赤の他人だから

応援する時間があったら自分を磨くという考えになってしまう

野球観戦ってどっちのチームかか誰かに肩入れして仮想敵を作って勝った負けたで仲良くなる場所でしょ

バッティングセンターとか行ってるほうがすき

と白けてました

幼くてごめn

本当にチケットを貰ったのはうれしいけどどこかに自分を置き忘れたような気がして楽しめない自分が居る

見終わって根本的に何かが違うと気づいた

どこのだれかもしらない応援ってどうしても自分の人生を放棄している感覚に陥るんだ

それがすごく怖くて

死ぬ程怖かった

ってかその状態が死だ

ただ、こういう経験はなにかに生きるから

ディティールは憶えた

片方の友達も野球にまるで興味が無かったので

ってかルールを知らなかったので

野球のルールをひたすら教えてました

廊下で見たTVの映像が贅沢だなと思った

あと

イニングとイニングの間に

カメラに抜かれた2人組が指をあわせてハートマークを作る

って企画があったんですけど

恥ずかしがってしないカップルが居たり

ノリノリでするカップルが居たりして可愛かったなぁ

まだカップルじゃないのかお互いをみず微動だにしない2人組もいた

もえた

因みに戦ったチームは

東京ドームで日ハムVSソフトバンクでした

東京ドームで巨人ぬきのゲームがあるとは知らなかった

ぜったい巨人はいるもんだと思ってた

今日は誰もかもアウェーな気分

真夏の夜の生ぬるい空気は息が詰まる

いますぐ抜け出したい

誰よりも早く

cheapでもchillな夜がいい

チルでも

フランス映画のように少し病んでいて

モラル不全のやつを

SHARE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です