#blender2.8 #Aftereffects #3DCG

【ズボラな楽天経済圏構築の順番】楽天証券、楽天銀行、楽天カード、楽天payを始める準備をしたので備忘録

ここ2年くらいかけて個人的に以下のことをやっているのですが、なかなか身体や精神の調子が良くなってきたのでメンタルが終わりそうな人にオススメです

  • ミニマリストになって住環境を良くし、時間捻出力や貯金力をあげる
  • 食事のミニマル化(白米→玄米 お菓子× 夕食は18時以降食べない等)
  • 楽天経済圏を構築し、積立Nisaなどでお金の運用してみる
  • サウナや銭湯に通って健康になる

今回は楽天経済圏構築のところをやったので備忘録として記録しようと思います、、、!

ズボラな楽天経済圏構築の準備

積立Nisaから楽天証券&楽天経済圏という言葉を知り、一年で普通に生活しているだけでポイントが10万ポイントくらい(もはや給付金!)貯まるらしくふるさと納税でもポイントが貯まるようなので重い腰を上げて始めてみました

一回順序通りにやっちゃえばあとはほとんど何もしなくていいので、そんなに日常的に意識することもなく、時間をかけない効果的なポイントの貯め方ができます

自分の現状の楽天サービスの使い方は楽天ショッピングのアカウントがあってたまに使っている感じです

前提として完璧は目指さないというスタンスですが、やったことを順番に紹介してみようと思います

いざ安息の地へ!

楽天SPU!とは?

楽天経済圏の構築をする順番を説明するまえに、なぜ楽天サービスで全身を固めると楽天ポイントが貯まりやすいのか?という秘密は楽天スーパーポイントアッププログラム、通称SPU!にあります

上の遷移先に飛ぶとわかるんですが、楽天スーパーポイントアッププログラムとは楽天サービスを使うごとにその次の月?のポイントが何倍になって行くシステムです。

なんと楽天のサービスを全て網羅すると最大16倍ですが、楽天経済圏は構築するだけで5~8倍くらいになり、それにプラスでふるさと納税や積立nisaの何十万円分くらいのポイントが貯まるので年間でみるとまぁまぁ貯まるという仕組みです

必要なもの

  • 運転免許証 or マイナンバーカード or パスポート等 個人を証明するもの
  • 時間

なんとお金はかかりません。ふるさと納税や積立nisaではかかりますが、楽天経済圏構築だけなら無料です(ゴールドカード(年2,000円)改悪でノーマルカード(無料)推奨という理由もあります)

構築の順番

楽天市場アプリをダウンロード +0.5倍

ここでふるさと納税などの返礼品を探したり、ポイントで買い物したりします。
楽天アカウントを作っていない人は作りましょう

楽天証券口座を開設 +1倍 +1,000円もらえるかも

楽天証券のサイトに行き、口座開設をしましょう
証券口座は積立nisaに使えます

時期によってかもですが銀行口座開設+自動入出金で現金1,000円プレゼントプログラムがあります
調べてみてください

楽天銀行口座を開設

ここで楽天銀行カードを郵送されてくるのを1週間ほど待ちます いずれ給与振り込みをこの口座にし、楽天証券で積立nisaをしたりできるようにします

楽天銀行キャッシュカードを発行しましょう!クレカ機能ついてるのは楽天カードがあとから発行できなくなるのでダメです

1週間ほど待って楽天銀行カードを郵送で受け取り

楽天証券口座とのマネーブリッジをします。これによって楽天銀行からのお金をすぐ証券口座へ移すなどのやりとりができます。
またポイントアップのハッピープログラムを忘れずにしましょう。 適当に探すとそれらしきものが見つかります (できてるのかわかりにくいのが難点)

楽天payも設定しちゃう

お金のソースは楽天キャッシュで楽天銀行口座に設定するとポイントアップでいいそうです 楽天キャッシュだとプリペイド的な発想らしいので後払いではなく先払いの感覚ですごく安心です

余力があれば楽天walletアプリをダウンロードする

これは仮想通貨投資ができるやつです
やってみたい方はダウンロードしてみましょう
個人情報を入力したり、楽天銀行と繋いだりして審査が終わるのを待ちます。

楽天カードを申し込みする +2倍 +8,000円もらえるかも

今度は楽天カードです、ゴールドカードのポイント還元率が改悪されたので、ノーマルカードを発行します。 

年中やってる気がしますが楽天カードマンの8,000ポイントキャンペーンやっているときがいいタイミングなんじゃないでしょうか Kyashとか使いたい人はvisaかMasterCardがオススメです

楽天カードの引き落とし口座を楽天口座にすることで+1倍です

また楽天カードが送られてくるまで1週間程度待ちましょう

今回はここまでできました、、、つづきは予定の行動を書きます

マイナポイントもついでにやっちゃおう 期限内で+5,000円もらえる

マイナンバーカードを持っていたら、楽天pay?でマイナポイント申請できるのでやっちゃいましょう 申込期限の9月までに設定すると5,000ポイントもらえるみたいです

楽天カードが届いたら、ついに積立Nisaを設定!

youtubeチャンネルで中田敦彦さんとかがオススメしているアメリカのインデックスなどを選ぶ予定です

余力があれば仮想通貨や高配当株をチェックしてみる

年末までにふるさと納税にピットイン! 実質〜万円分の品

楽天ならふるさと納税でポイントがもらえます

余裕があれば楽天でんき +0.5倍、楽天ガスに移行!

2021年2月現在は新規受付中止しているようでした!残念!

余裕があれば格安の楽天モバイルに移行する +2倍

格安simにしている人はともかく、していない人は乗り換えましょう!

余裕があれば美容院などは楽天ビューティーで予約 +1倍
旅行イベントがあれば楽天トラベルで予約 +1倍

まぁまぁズボラに揃えたらスーパーポイントアッププログラムでいうと5倍くらいのポイント還元率になりました。

そしてマイナポイントと楽天カードのキャンペーンでもらえるお金で14,000円分くらいが得られます

14,000円分の労働だ!と思ってやってみるのもありだと思います。

終わりに

いかがでしょうか?わからない箇所がある方は楽天経済圏でyoutubeを検索すると色々ヒットしますのでオススメです

他にも楽天kobo(電子書籍)や、楽天ファッション、楽天Room、楽天西友スーパーなどなどあるので色々調べてみるといいと思います。

楽天Edyなどもありますが、今回は楽天payがあるので省いています。

またポイントを貯めたい方は楽天ではないですがKyashというサービスもオススメです

参考資料

楽天経済圏を構築するにあたって参考にしたありがたい参考資料たちです

両学長 リベラルアーツ大学より引用

両学長 リベラルアーツ大学より引用
BANK ACADEMY / バンクアカデミー より引用
中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY より引用